血液内科

血液内科とは

血液内科

血液は、酸素を運搬する赤血球、細菌やウイルス、癌などの病原体と戦う白血球、出血を止める血小板や凝固因子などで構成されています。これらは私たちが健康的に生きていくために不可欠のものです。血液細胞の数が大幅に増加したり、逆に減少したり、本来の機能を損なったりすると、命にかかわる危険な状態にもなりかねません。血液内科は、このような重要な役割を担っている血液の病気を扱う診療科です。

具体的には、血液細胞の異常、血液細胞を作っている骨髄の異常、止血作用の異常、リンパ節の異常などがあります。血液内科が扱う疾患には、いわゆる難病が少なくなく、それだけに診断と治療には専門的な知識と経験が必要となります。難病の診断、治療には専門の施設が必要となりますので、その必要性の有無を適切に判断します。

近年、血液疾患は治療法が向上し寛解(病気が治まっている状態)に入る症例が増えてきています。しかし、慎重な経過観察が必要であるため定期的な受診が欠かせません。これまで、治療を受けた病院に通院する必要がありましたが、二宮医院では血液専門医である院長が、病院との連携に基づき、血液疾患の方の適切なフォローを行います。

病院への通院が困難な方、夕診・土曜日に受診されたい方は一度ご相談ください。

病院の血液内科主治医の先生と連絡をとることも可能です。
岐阜大学医学部血液内科の関連病院では、研究グループを作り、綿密な連携を行っています。

≫ 岐阜血液疾患研究グループ

このような症状の方はご相談ください

  • 激しい運動などをしていないのに、疲れやすくなった
  • 動悸が治まらない
  • 頭痛がする
  • 呼吸が苦しい感じがする
  • 朝、起きるのがつらい
  • 顔色が悪くなった
  • 食欲が芳しくない
  • 指の爪が上向きに反り返ってきた
  • 風邪を引きやすくなった
  • 全身の倦怠感がある
  • 関節が痛い
  • 原因不明の発熱が続いている
  • ちょっとした出血でもなかなか血が止まらない
  • あざや内出血が出来やすい
  • リンパ節が腫れてきた
  • 健康診断で血液の異常値を指摘された

血液内科で扱う主な疾患

  • 鉄欠乏性貧血
  • 悪性貧血
  • 腎性貧血
  • 多血症
  • 本態性血小板血症
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 急性骨髄性白血病
  • 骨髄異形成症候群
  • 慢性骨髄性白血病
  • 急性リンパ性白血病
  • 慢性リンパ性白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • 再生不良性貧血 など
Web診療予約 058-382-0107
診療科目
内科、小児科、消化器内科、血液内科、腫瘍内科、漢方内科
名誉院長
二宮 保典
院長
二宮 空暢
住所
〒504-0941
岐阜県各務原市三井町3丁目3番1
最寄駅
名鉄各務原線 各務原市役所駅にて下車し
ふれあいバス稲羽線に乗車し、2つ目のバス停、
「三井町公民館前バス停」徒歩3分
駐車場
30台、キャノピーあり
(雨天時の乗降り便利)
…土曜日9:00~13:00  
休診日…木曜、土曜午後、日曜・祝日
予約専門外来
平日16:00~17:00
漢方外来、自家がんワクチン外来
診療時間 日祝
胃カメラ
8:30~
9:00~12:00
胃・大腸カメラ
13:00~15:00
17:00~19:00

二宮医院(現在)

二宮医院(2021/5/25 移転先)

Page
top